お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

再診・その他のお問い合わせ

オンライン予約

無料メール相談

歯ブラシの選び方でかわる?!虫歯や歯周病のリスク東京 銀座の審美歯科 デンタルサロン・プレジール

歯ブラシの選び方でかわる?!虫歯や歯周病のリスク

普段何気なく使っている歯ブラシ。あなたはどんな物をつかっていますか?
今日は正しい歯ブラシの選び方をご紹介します。

歯ブラシ選びに重要な3つのポイントとは

まず歯ブラシのヘッド部分の大きさ。
歯ブラシの大きさはご自身の前歯2本分程度の横幅を目安にしましょう。
あまり大きなものだと奥歯を磨くときに小回りが効きませんし、小さすぎるものは効率が悪くなり磨き残しが増える可能性があります。

次に材質

一般的にブラシの部分はナイロンのものが多く使われています。
ナイロンのものは水はけが良く衛生的ですが、使用しているうちにコシがなくなり毛先が開いてきます。毛先が開いてきたら交換時期です。1ヶ月に一度の交換が目安です。
馬や豚の動物の毛を使用したブラシもあります。
ナイロンより柔らかいものが多く、歯周病や歯茎が腫れている方には良いですが水分を含みやすいので水はけが悪く、不衛生になりがちです。

最後に硬さ

歯周病や歯茎がデリケートになっているときは柔らかめのブラシ、
ブラッシング圧が弱い方は固めのブラシ、それ以外の方はふつうの硬さが良いでしょう。
柔らかいブラシはプラークの除去能率が悪いと言われていますし、硬いブラシで間違った磨き方をするとご自身の歯や歯茎を傷つけるおそれがあります。

あとはご自身に合った歯ブラシであるか?というのも重要なポイントだと思います。
使用してみて握りやすいグリップか?磨きやすいか?など試してみてご自分のお気に入りの一本を選んでみては?